電話 042-540-3300

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール2F

立川・産婦人科・立川駅-毛利もとこ女性クリニック-婦人科・レディースクリニック

もとこ先生コラムもとこ先生の何気ない日々をつづっています。
ほっと息ぬきコラムです。

Map 地図はこちら
Mobile

こちらのQRコードから、
携帯サイトへアクセスできます。

採用情報 詳しくはこちら

生理の悩み

生理の悩み

またもや、更新が遅れてしまいました。正直に言うと、昔から日記などコツコツ毎日積み上げていく作業が苦手です。そして、文章を書くのも苦手です。そんな 私がエッセイを書くというのは、とてもやっかいな事の一つです。そんなわけで、やっと書き出した訳ですが・・・。女の人には、多かれ少なかれ生理の悩みは あるものですが、特に生理痛と月経量の多さの不快感はひどいものです。痛みだけでなく、冷や汗や、吐き気がおこったり、集中力がなくなったりします。場合 によっては血の気が引いて倒れたりすることもあります。こんな症状も、あたりまえですけど女の人だけが味わう特殊なものです。なので、世の中は、まだまだ 生理痛に関して理解されないのが現実です。生理休暇というものが、会社には存在しますが、いったい何人の女性がこの制度を利用しているでしょうか?現実に は申し入れできないような状況が続いていたり、貰えても生理日に関係なく休暇の一日として強制的に振り分けられているようです。また、学生であれば、試験 や受験、体育などに生理が当たり、自分だけ休むわけにも行かず、つらい思いをしている人もたくさんいると思います。このような症状は、ある程度、低用量ホ ルモン剤(ピル)により改善することができます。クリニックでも、処方後に、患者様からもっと「早く処方してもらえばよかった。」と言われます。私自身も 学生時代に試験中に月経にあたり、つらく「試験の時にこんなハンディがあるなんて・・・。」と思っていたのを覚えています。皆さんも悩まず、ご相談してく ださい。何かいい方法を一緒に考えたいと思っています。
それでは、ここでお知らせを兼ねて。最近、私のクリニックにきてくださる患者様が増えまし た。特に、受付終了時間間際になると、昼も夜も待合室がいっぱいで、立って待つ人が出るほどです。「少し早めに受診すると、結構スムーズに早く診察できる のになぁ」と思いつつ、診察をしています。ですので、少し早めの受診にご協力ください。
皆さんも、体温調節が難しい季節になってますので、気をつけてい過ごしください。

2015-05-07 18:24:38

もとこ先生コラム