電話 042-540-3300

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール2F

立川・産婦人科・立川駅-毛利もとこ女性クリニック-婦人科・レディースクリニック

婦人科外来基本的に疾患のある方は保険診療となります

Map 地図はこちら
Mobile

こちらのQRコードから、
携帯サイトへアクセスできます。

採用情報 詳しくはこちら

月経異常外来

「いつ生理がくるかわからない」、「2~3ヶ月以上生理がこない」ということはありませんか?
生理不順は立派な病気です。このような場合は、卵巣がうまく働いていない可能性があります。治療することにより不妊を防ぐことも可能です。まず、基礎体温を1ヶ月測ってみましょう。基礎体温表からだけでも、ホルモンのバランスや、卵巣の機能を知ることができます。当院では、基礎体温のつけ方から指導いたしますので、気軽にご来院ください。

生理痛外来

生理痛がひどくて、学校や職場に行けずに困ってしまうことはないですか?
生理痛がひどいものを月経困難症といい、「月経(生理)に随伴して起こる病的症状」と定義されています。主な症状は激しい下腹部痛、腰痛から、腹部が張った感じや吐き気、頭痛、疲労、脱力感、食欲不振、イライラ、下痢および憂うつ感など、さまざまな不快症状を伴います。原因は子宮筋腫、子宮内膜症などの疾患に伴い起こるものと、そうでないものとがあります。子宮内膜症の場合、そのままにしておくと生理痛がひどくなったり、不妊になったり、卵巣が腫れて手術が必要になることもあります。自分で判断はせず診察を受けてください。また、「生理痛はひどいのは仕方がない」とあきらめる必要はありません。原因に応じた痛み止めや低用量ピル、漢方薬やホルモン剤などを使い治療します。体質にあった薬を使用することで、ほとんどの生理痛は和らぎます。

当院では、一人ひとりに合わせた、検査、治療をご提案いたします。

PMS外来(月経前症候群 月経前緊張症)

月経前になると体調が悪くなることはありませんか?
排卵後から生理前にかけて症状が現れ、生理が始まるとその症状が消えるものを月経前症候群(PMS)といいます。症状は、腹痛、頭痛、むくみや情緒不安定など人それぞれです。原因としては、ホルモンバランスの異常が関係しているといわれますが、セロトニン、ビタミンの欠乏、ストレス(生活環境・社会環境の変化)など色々な説もあります。治療には、生活の改善が重要ですが、低用量ピル、漢方薬、精神安定剤などがあります。また、月経前に定期的に点滴を行うことでPMSが改善する、即効性のあるPMS改善注射を行っています。

当院では、一人ひとりの生活スタイルに合わせた、検査、治療をご提案いたします。

更年期外来

生理はまだ順調だけど、のぼせたり、肩こりや腰痛
眠れない、すぐトイレに行きたくなることはないですか??

閉経前後の約10年間を「更年期」と言います。この時期は心理的・社会的にも不安定な時期でもあるためストレスと、エストロゲンの低下・欠乏により、自律神経失調症(のぼせ、ほてり、発汗)や、骨粗しょう症、高脂血症などの症状が現れることがあります。これらを更年期障害といいます。治療法はエストロゲンの補充と生活習慣の改善がポイントです。当院では、個人に合わせた検査、治療を行います。

プレ更年期:20代~30代後半の女性でも更年期と同様の症状を訴える患者様がいます。これを「プレ更年期」と呼び、更年期の前兆ともいわれ、原因としてはストレス、睡眠不足、栄養の偏り、喫煙などが関係しているといわれています。

できもの外来

「いぼみたいなものができている」「激しいかゆみや痛みがある」
「何かコリコリした腫れ物がある」
「生理以外に出血がある」そんなことはないですか?
外陰部の異常は、おもに細菌などの感染による炎症や、性感染症による可能性があります。
一人で悩んでいると、症状が悪化したり、他人にうつしてしまうことがあります。また再発を繰り返したりします。「おかしいな」と思ったら受診してください。婦人科専門の女医がご相談にのります。

おりもの異常外来

「おりものの量が多くて臭いがきつい」、「白いチーズのようなものが出る」
「かゆい」などの症状がありませんか?
そんな時は膣炎や性感染症(性病)にかかっているかもしれません。市販の塗り薬はかゆみ、かぶれには有効ですが、病気を治すものではありません。「恥ずかしいから・・・」といって、そのまま悪くなってしまう方があとを絶ちません。
「なんかおかしいな」と思ったら早めに受診してください。婦人科専門の女医がご相談にのります。